CloudFunctions First Step in Firebase #Firebase #CloudFunctions

シェアする

こんにちはフクシャチョーです。
アプリを作るバックエンドとしてFirebaseを使うために、Firebaseとお友達になろうとしている最中です。

そのため、この記事はFirebaseでCloudFunctionを使ってみるという最初の一歩を踏み出す人向けになっています。

Firebase-toolsインストールとログイン

node.jsはインストール済みの前提です。

Googleアカウントでログインします。

Chromeが立ち上がってきますので、ログインしてください。複数アカウント持っている人は、どのアカウントでログインするか決めておきましょう。

まだ、一つもプロジェクトを持っていない人は、コンソール画面で作成します

ログインしたアカウントですでに持っているプロジェクトをリストしてみます。

プロジェクトの作成

プロジェクトディレクトリを作成します。作成したディレクトリに移動し、init functionsを実行します。

プロジェクトセットアップで、どのFirebaseプロジェクトを使うか聞かれますので、すでに作成ずみの上記のリストから選択するか、新しいプロジェクトを作るかの選択をします。

新しいプロジェクトの選択を選んだ場合は、あとでコンソールでプロジェクトを作る必要があります。

CloudFunctionsをJavaScriptで記述するかTypeScriptで記述するかの選択をします。

ここではJavaScriptの選択をして、ESLintも使うようにしています。

コマンドの実行が終了すると、CloudFunctionsを記述するためのプロジェクトがディレクトリ配下に展開されます。

サンプルプログラム

さて。

ここから、Firebaseの公式サイトにあるはじめに: 最初の関数の記述とデプロイ をindex.jsに写経して実行しようとしたのですが、makeUppercaseエラーになったので、コードはこちらを写経してください。

functions-samples/quickstarts/uppercase at master · firebase/functions-samples 

ちなみに、このgitHubにはCloudFunctionsのテンプレートが沢山用意されています。

これらを応用していけば大抵のことはできそうです。

firebase/functions-samples: Collection of sample apps showcasing popular use cases using Cloud Functions for Firebase

追記:Firebase SDK for Cloud Functions のバージョン 1.0.0 では、API にいくつかの重要な変更が導入されています

makeUppercaseエラーとなった原因としては、このバージョンの差異で、それがドキュメントに反映されていなかったからかと思われます。

Firebase SDK for Cloud Functions 移行ガイド: ベータ版からバージョン 1.0 へ  |  Firebase 

特に重要な変更点として、event.data 形式が data および context パラメータに置き換えられていることですね。

CloudFunctionの変更部分はおさえておきましょう。

デプロイ

サンプルプログラムを記述したのでデプロイしましょう。

デプロイ先のFirebaseのプロジェクトを選択します。

プロジェクトを選択したら、デプロイします。

コンソールを確認します。デプロイされていますね。

addMessageのFunctionのエントリポイントURLが表示されていますので、このエントリポイントに対して実行しましょう。

実行

ブラウザから実行すると、Realtime Databaseの画面が表示されて、オリジナルで送信した「helloworld」が、UpperCaseになって登録されていますね。

CloudFunctions第一歩は完了です。

めも((φ(・д・。)

デプロイしてからすぐに実行すると、まだ反映されていないのか、前のプログラムが実行されてしまったりすることがありましたので、ちょっと時間が必要なのか・・・と思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク