歩けば550メートルの引っ越しが大変だったお話 #オフィス引越

シェアする

フクシャチョーです。たまには会社の近況報告など。

2月にオフィスの引っ越しをしました。

荻窪駅南口駅から、荻窪駅北口の元ピアノ教室だった場所に引っ越し。

距離にして550mの引っ越し。

楽勝?いえ、ここはいろんな難関があって、距離では測れない大変さがあったので、その顛末をちょっと記録として残しておこうと思います。

課題山積・・・

最初のオフィスは、シェアオフィスを借りていて、駅前徒歩1分!という最高の立地でした。

商店街の中にあり、飲食店も多くお昼に出るのも、階段を降りるだけで、目の前にお弁当屋があるという至れり尽くせりっぷり。

なのですが、ここが、引っ越すときにくせものでした。

・引っ越しのための車の駐車スペースがオフィスの前の道にはない。

ビルの目の前は、商店街の中なので、夜遅くまで人通りが途絶えません。駐車禁止区域でもあり、ちょっと運搬車を置くことはできますが、車の対向もギリギリな上に、人の通りも多い。

そのため、運送業者に頼もうにも駐車スペースが取れないので、お願いできない・・・

・エレベーターがない

オフィスは3階で、急な階段しかなく、エレベーターがありません。

自力で運ぶといってもこれを何往復もするのか・・・と思ったのですが、

最終的に、カーシェアで車をレンタルして、自分たちで運搬することになりました。

・一方通行だらけ?

ご存知の人もいるかもしれませんが、荻窪駅の周辺は、一方通行だらけなのです。

550メートル先の新しいオフィスへ車で向かうには、その5倍くらいの距離を走らねばなりません。

というのも、荻窪の駅前や住宅街は一方通行だらけなのです。

一台車が通ればギリギリだという細い道もあり、歩行者に気をつけながらの運転です。

引越し決行

さて、引っ越しの日は、2月某日の日曜の夜22時からにしました。

前のオフィス、荷物いっぱい

というのも、日曜の夜が一番人通りが少ないから。。。という理由です。

オフィスに積み上げたダンボールを持ち上げて、急な階段を行ったり来たりして積み込みます。

数分くらいの駐車とはいえ、まだまだ人も車も通るので気を遣いながら、大急ぎで運び込みます。

さて、運びこみ終わったら、550メートル先の新しいオフィスへ車で移動・・・

そして新しいオフィスに到着して、運び込みして、また元のオフィスに戻って、急な階段を段ボールを抱えて上り下りして、車に積み込み・・・・

というのを5回くらい繰り返して、夜中の2時くらいに荷物の移動が終了しました。

笑ってしまうくらい、小さい会社を運営しているなぁ、という実感。

その日は流石にくたびれ果てたので、近くのスーパー銭湯で仮眠です。

さて、翌日は荷ほどきと整理です。

組み立て、組み立て、掃除、掃除の永久ループとも思える作業が始まりました。

長野のシェアオフィスで使っていた荷物は、流石に運送屋さんに頼んだので、これがちょうど午前中に届き、オフィスは段ボール満載状態。

机、椅子、ワゴン、本棚、ひたすら組み立てて、整理してを一日中繰り返しました。

夕方になってようやく、仕事ができるスペースが出来上がってきて、明日くらいには仕事を始められるかというところまで持って行きました。

とりあえずパソコン動かせる

引っ越しばかりやっている余裕もないので、仕事も再開せねば・・なのです。

しかし、体はヘトヘトです。このあと、仕事しながらも、体が辛かったですねw

経営的に余裕があれば、アルバイトなりお手伝いなりお願いできるのですが、そんな余裕もないので、ひたすら自分たちで何から何までや理ました。

ようやく仕事スペースが確保

オフィスの備品(ブラインドや、収納家具、その他・・)を揃えるために、なんだかんだと2月いっぱいは、バタバタしましたが、広い場所に引っ越しできたのは、本当によかったです。

前のオフィスは、休憩スペースもなかったし、もちろん仮眠スペースもないので、切羽詰まってオフィスに缶詰になった時には、荻窪駅前のスーパー銭湯とルートイン阿佐ヶ谷にお世話になりました。

お金がないので、ベッドの上で寝るのは贅沢至極だったので、まあスーパー銭湯です。回数券作って欲しい。

今のオフィスは、最大4人までですが、ミーティングスペースもでき、ミニキッチンもあり、ソファがあるので、休憩することができます。

机が格段に広くなったのと、横並びではなく背中合わせという形なので、集中して仕事できるようになりました。

おためしナガノで、上田で超絶広いオフィスを借りて見て、やっぱり広いのは正義だ・・・と思いました。

それがきっかけで、広い場所を探し始めたのですが、やはり東京は値段が格段に違います。

番外:引っ越し前に新しいオフィスの床貼りもしました

床の傷をつけると、退去時に貼り替えしなきゃいけない話があったのと、部屋を明るく見せたいというのもあり、床材を買ってきて、1日がかりで、切って貼ってをやりました。

なんでもDIY

おかげで、明るく快適な空間になっています。

そして、前のオフィスともお別れ。

さて、仕事環境をよくすることは大事ですね。

あと、休憩スペースは本当に大事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク